子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ | 産後の過ごし方 | 楽しい子育て育児  |お問い合わせ | サイトマップ
 
 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


赤ちゃんの最初のウンチ(カニババ)のこと 

お母さんのお腹の中で取った栄養のカスが、赤ちゃんのお腹に溜まっています。



赤ちゃんおめでとう>>
最初のお乳のこと
産後の立ち上がり
最初のうんち「カニババ」
赤ちゃんのお風呂
赤ちゃんのお風呂2
捕食について 
捕食について2 












赤ちゃんの最初のうんち

“カニババ”というのは赤ちゃんが最初に出すウンチのことで、お母さんのお腹の中で取った栄養のカスです。どこにこんなに入っていたの?と思うほど出します。

晴れて誕生したときはまず、
カニババを出してから食事を与えるのが大切になってきます。

カニババが出る前に何か与えてしまうと、排泄が促進されないどころか、時にはストップして体内に残ることもあります。これがアトピーを始めとする皮膚の問題につながるのではないかと、整体では考えています。

実際にカニババを見ますと、こんな汚いものが残るなんて何かしら影響がありそうでとてもこわいです。


まずは出す

余談ですが、便秘の基本的な考えは食事をおさえることです。便を作る腸にしっかり働いてもらう為に、「胃袋さんは少しお休みしましょう」と食事を控えめにするだけでも効果があります。

赤ちゃんは最初にしっかり出しさえすれば、
食べたいという要求と共に摂取するので、吸収がとてもいい。そして日に日に大きくなります。ただし、お母さんの母乳が出ていないと親子で泣くことになります。カニババ→母乳と連動していかないといけないのですが、そのためにはしっかりおっぱいを吸わせることが重要です。


赤ちゃんは最初から知っている

初めてにもかかわらず、赤ちゃんはすぐにおっぱいを求めます。しかし最初から出るわけではなく、吸っているうちに段々出てくるのです。そして出せば出すほど濃くなって、成長と共に必要な栄養と量がピタリと合います。
最初おっぱいを吸わせるのは大変痛い。乳首だけではなく、それが子宮に響きます。広がった臓器は元に戻ろうと収縮するときに痛みを伴いますが、これが乳首と連動していて、吸うと“キュ〜っと”閉まってきます。囲っている骨盤も合わせて閉まりますので、子育てをすることでお母さんの体は元に戻っていくのです。


骨盤の閉まりと母乳

骨盤の閉まり方によって母乳の出方が変わってきます。赤ちゃんの要求する母乳は、お母さんの骨盤の閉まり具合にかかっているといっても、過言ではないと思います。だからこそ、しっかり骨盤を守る為に“立ち上がり”にはとても神経を使います。これについては、またの機会にしまして、カニババをもう少し詳しく話します。


何回かに分けて出します

カニババは最初生まれてすぐに出します。これが1回目。このときの量は差ほどではありませんが、一日たったとき(ちょうど24時間でした)ものすごい量がでます。これで2回目。まだフィットしないオムツの脇からもりもりあふれてくるほどです。このときに測っていた両方の体温がピタリと合って、カニババの処理と一度目の立ち上がりが一致しました。

そのうちにチビリチビリ母乳が出始めます。これが
“初乳”で、少し黄色がかった感じがします。、それを飲むことで赤ちゃんは中毒を起こして、さらにぶりぶりと出すのです。これが3回目。

我々は中毒や排泄を促すときに活を入れる急処を知っています。ここに手を当てて、気持ちを送ることで
最後の最後が出るのですが、私が散々やって帰った後に出たそうなので、確認はできませんでした。何でも“ドバッ”と吹くような感じで、少し普通の便と混じるそうです。これが4回目。


最後は普通の便が混じる

こうして4回に分けてカニババは出ましたが、赤ちゃんによって差はあると思います。次女の場合は4回だったということで、必ずではありません。どこが最後かは、“ドバッ”という感じと、普通の便がちょっと混じるということです。一番間違いないのが、お母さんが「あっ、これで全部出た」と思うらしい。

要するに
お母さんがこれで良しと思えば良し。男は基本的に出番はありませんね。わからない場合や不安なときは、「大体4回を目安に最後は普通の便が混じる」という程度の知識でよろしいかと思います。

赤ちゃんのお風呂 >>



TOPにもどる


   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved