子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
  


プロフィール 「新潟から飛び出した」

整体を知り、学んで開業。そこまでのストーリーをまとめてみました。



  整体ストーリー  
1、これがぎっくり腰か!
2、痛いおかげで整体を知った
3、新潟から飛び出した
4、即実践、意外とうまくいった
5、はたけやま整体を開業




 


整体を勉強しながら働くぞ

新潟からできてきた私は職無し。その状態で整体に通うなんて事はさすがに無理です。まずは職探しからはじめました。整体に通いながら整体の勉強ができる方法は無いか?町をウロウロしていると新潟にはなかった「整体」と書かれた、たくさんのお店が目につきました。そこで働きながら勉強はできないものかと、いろいろ資料を集めました。

整体の学校がある

調べたところ、東京には沢山の整体いわれる学校があり、どれも違うことが書いてあることから、「整体はいろいろあるらしい」ということがわかりました。それでも井本先生がやっていることが整体で、他はどうみてもマッサージじゃないか!と思うものばかり。それでも働いてみたかったので、東京のある学校に行きました。


整体の勉強がスタート

レスキューの経験や、傷病者を見てきた経験がいくらあっても、資格が無い。やったこと無い。では採用はできないそうです。(そりゃ、そうですよね)。
入った学校では生理学、解剖学、スポーツ医学など、知っていて損はないことも勉強できましたので、よかったです。

それでも手技になるとベッドだし、どうみてもマッサージでした。マッサージを覚えないと、働けないので一生懸命練習しました。その中で井本先生の本を熟読し、整体とマッサージの違いを段々と理解していきました。

今考えれば随分遠回り

整体を勉強しながら整体院で働くために学校へ行く。その学校へ行くために働き口を捜す。今思えば随分遠回りしたものだなと思います。なんで始めから井本整体に入門しなかったのか?自分でも良くわかりませんが、機会というものがあって、今というときがある。それがまだだったという事だと思っています。

今となって思うのが、リラクゼーションといわれる産業や、マッサージ、エステの業界の中を見れてよかったと思います。知らないより知っているほうがいいですし、より整体との違いというものが良くわかります。

一般の目からみた整体というものも、こうした経験から理解できますし、説明するときに役に立っています。なんでも無駄ということはありません。余計にお金がかかったことは確かですが、お金では買えない経験が出来たことは宝になります。

4、即実践、意外とうまくいった>>


TOPにもどる

     
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved