子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。

初めての方へ | 産後の過ごし方 | 楽しい子育て育児  |お問い合わせ | サイトマップ

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


整体に興味がある方へ〜「正座がキツイ」


 メニュー
 整体はいっぱいある
 ボキットやるやつね 
 痛くなって始めて知った 
 整体は日本で生まれた
 マッサージではもう無理です 
 整体でビルが建つのか
 正座がキツイ整体 
 赤ちゃんの体が目安 
 はぐくむ健康 
 いつ行ったらいいの? 
 どんなことをするの? 
 通った方がいいの? 
 よくある質問 










正座は日本独特の座法

日本で生まれた整体は畳の上で行います。ベッドを使う手技療術が出てきたのはずっと後のことです。畳の上ということは、日本の文化である正座で行うことになります。

私は正座の習慣は無いものの、幼少から剣道をやっていましたので、少しぐらい大丈夫だろうと安易に考えていました。ところが、話を聞くのも正座。実技も正座。結局講座が終るまで正座が続きます。正直きつかった。

このことからベッドで行うものについては、本来の整体ではありません。なぜなら、整体は型で行うものです。ベッドでは型は取れないので、まったく違うものになってしまいます。いまでこそ正座になれましたが、稽古の場だけ正座をしてやった気になっても、現場では常に正座、正座、正座。私生活からこのスタイルに自分をはめ込まないと整体はできないと思いました。

すべて畳の上



生活の中に取り入れる

これではすぐにメッキがはがれてしまう。初めのうちはどのぐらい耐えられるのか?と、DVDをみ終わるまで座ってみたり、時間を決めて鍛えていましたが、これはやめた方がいいようです。てっとり早いのは生活に取り入れることだと思い、食事をちゃぶ台に替えて暮らし始めると、自然と身についてきました。

整体生活の第一歩です。
普段の生活が現場に活きる。整体を学び始めて、私の生活スタイルは段々と変わっていきました。


赤ちゃんの体が目安にすすむ>>


TOPにもどる

 

   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved