子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ | 産後の過ごし方 | 楽しい子育て育児  |お問い合わせ | サイトマップ

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


整体に興味がある方へ〜「赤ちゃんの体が目安」


 メニュー
 整体はいっぱいある
 ボキットやるやつね 
 痛くなって始めて知った 
 整体は日本で生まれた
 マッサージではもう無理です 
 整体でビルが建つのか
 正座がキツイ整体 
 赤ちゃんの体が目安 
 はぐくむ健康 
 いつ行ったらいいの? 
 どんなことをするの? 
 通った方がいいの? 
 よくある質問 











弾力のある状態とは

整体の体は首が緩んでいます。首と腰に弾力があれば、手首足首が緩んで、上手く使えます。ところでこの弾力って言うけれど、どの程度のものなのか?私は聞いたことがあります。弾力とはなにか?

「弾力があるところは温かい。」
「色艶がよく、適度にしめっている。」
逆に、「異常、硬直、力のないところは冷たく乾いている。」
→弾力が無い。
弾力があるとぐっとこらえる力がある。とてもエネルギッシュ。簡単にいうと赤ちゃんの体。

弾力を見るのにお腹を確認しますが、一番重要なのは下丹田といわれるところです。他の言い方では臍下丹田(せいかたんでん)などとも言います。ここの弾力が人間の体にとって一番重要なところです。



何が良くて何が悪いのか

そうはいってもとても曖昧です。漠然としてどれがいいのか悪いのかもわかりません。先生は「正常な体をたくさん練習して、これは違うというものをさわって感じてください。」と仰っていました。そうして答えのない旅というか、経験したことの無い感覚を求めて、ひたすら稽古する日々が続きます。

実際整体の現場では、機械とか数値などというものには頼らず、その人の体力や、感じ、感受性というものをすべて指で確認していきます。そして体の経過をみていきます。

治った、治らないという問題は本来自分の中にあるものです。治療家に頼るだけでは本当の意味で治ったと言えないということです。自分の体は自分で守る。その方法や、お手伝いをすることが整体指導の一つです。どれも勘というものを頼りに、感覚だけで行いますので、一番自然な事であるといえます。

はぐくむ健康 >>


TOPにもどる

 

   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved