子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ 産後の過ごし方 はぐくむ健康 |楽しい子育て育児

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


赤ちゃんがハイハイから立っち(立つ)までを記録


  ハイハイから立っちまで
初めてのおすわり 
寝返り 
寝返り2  
寝返り3 
もうすぐハイハイ 
ちょこっとおすわり 
だいたいおすわり 
もう少しでハイハイ
ちゃんとおすわり 
いつの間にかハイハイ 
もうちょっとで立てそう! 
 219日目で立ちました!
立った、立ったよ! 
早く立つ子は一升餅をしょわせる 
 






ちゃんとお座り

こちらでおすわりの形を作ってあげると、きちんと座れるようになりました。寝ている姿勢からおすわりになるには、まだまだできませんが、支え無しできちんと座れます。

コテンと倒れることなく遊んでいられますが、後ろにのけぞりそうになったときは、足をぐっと反らせて踏ん張っているようです。

f:id:zi-zi:20090818183900j:image

ここが踏ん張りどころ!


f:id:zi-zi:20090818183500j:image

だいぶ腰が入るようになりました。

これぐらい腰がしっかりしてくれば、ハイハイも前に進めるようになってきます。

169日目で、やっと膝立ち。

182日目になるとどんどん後ろに進みだす。

これらの経過とおすわりの安定は比例しています。

やはり腰がしっかりしてこないと、おすわりやハイハイができないのでしょう。やがて立つ準備段階として、ズリバイ→ハイハイ→つかまり立ちと、経ていくようです。

この過程をスルーして、いきなり立つ、歯が生えるなどは、自ら食べ物を探しに行く(取りに行く)という行為なので、栄養状態が悪いか、環境が合っていない場合があります。


一年未満で立ったら「一升もち」をしょわせて突き飛ばす。という儀式がありますが、いまではほとんどやらないといいます。それでも近所の老舗だんごやは、「一升もちの注文は一週間前までに」と書いてありますし、知っている人は知っているようですね。


考えるに、腰がしっかりしないうちに立つと、無理な重みが股関節にかかってよくないのだと思います。「上体の重みをしっかり腰で支えるようになってから立ちましょうね」ということだと思いますので、ハイハイは思う存分やってもらったほうがいいと思います。


TOPにもどる

 


   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved