子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ 産後の過ごし方 はぐくむ健康 |楽しい子育て育児

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


子育て〜「誕生後はお腹の中の続き」

赤ちゃんの要求にそって自然な子育て。子育て育児は健康の最大の急処です。



  楽しい子育て育児TOP
 
妊娠しました
出産に向けて
初めての育児 
誕生後はお腹の続き 
体温調整は環境で整える 
仮死状態で産まれたら 
自己アピールはお熱で 
鼻がつまったとき 
赤ちゃんの運動  
だっこが楽になってきた
おねえちゃんの熱







大切なのは安心感

赤ちゃんが生まれて最初のうちは、お母さんのお腹の中の続きです。赤ちゃんにとっては昼夜かんけいなく、おっぱいを飲むのと、ウンチを出す以外はずっと寝ています。このときに一番大事なのは“安心”です。

寝たからといってその場を離れたり、その間に用事を済まそうとしても、すぐに気がついて起きてしまいます。

もっとも産後でお母さんも動ける状態ではありませんが、赤ちゃんは人の気配がないとすぐに気がつきます。

それでも繰り返していると、寝るようにはなると思いますが、それは感受性が鈍くなったとみますのでオススメできません。つまり、
安心も栄養の一つとして、大切な環境づくりにかかせないものなのです。


環境は作ってあげます

昔「くう、ねる、あそぶ」という言葉が流行りましたが、あそぶというのはもう少し後になってからです。赤ちゃんは「くう、ねる、だす」が本業ですので、滞りなく過ごせる環境がとても大切です。

お部屋はお腹の続きということで、静かで少し薄暗い方がいいと思います。みんなのいる部屋や、テレビやラジオがかかっている部屋、産まれたとみんなでドカドカと見に行くようではいけません。お母さんと二人で、まずはそっとしておいてください。


赤ちゃんは明るい方を向く

赤ちゃんは明るい方を向いて寝ます。窓が一つしかない環境では、偏りがちになるのを防ぐ為に、ときどき位置をかえてあげるといいと思います。
また、蛍光灯の光や電球は
直接目に入らないように位置を考えるか、どうしても無理なときは和紙などでカバーして、やわらかい光にしてあげてください。

お腹の中の続きなので、電気はつける必要なありませんが、夜中のおしめをかえる時など止むを得ないときは、やわらかい光のスタンドライトを用意しておくと便利です。お母さんも
明るい光が刺激となっていつも以上にまぶしく感じます。出産前に明かりの問題も考えておくといいと思います。

体温調整は環境で整える>>


TOPにもどる

 

   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved