子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ 産後の過ごし方 はぐくむ健康 |楽しい子育て育児

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


子育て〜「自己アピールはお熱で」

赤ちゃんの要求にそって自然な子育て。子育て育児は健康の最大の急処です。



  楽しい子育て育児TOP
 
妊娠しました
出産に向けて
初めての育児 
誕生後はお腹の続き 
体温調整は環境で整える 
仮死状態で産まれたら 
自己アピールはお熱で 
鼻がつまったとき 
赤ちゃんの運動  
だっこが楽になってきた
おねえちゃんの熱







そういう時期があります

二人目が産まれると不思議と上の子は熱を出します。必ず熱かどうかはわかりませんが、そういう時期があるみたいですね。ある子は熱を出して喘息のようになったり、ある子はゲーゲー吐いたりと、それぞれ違うようです。

100%そそがれた愛情が、妹や弟が出来ると半分になるために、寂しくなるのか?自己アピールなのか?わかりませんが
“病気”と呼ばれるもので、その存在を示すのではないか、と我々はみます。


100%の愛情から50%へ

下の子は例え50%の愛情だとしても、それが初めてなので100%だと感じます。

しかしお姉ちゃん、お兄ちゃんはそうはいかないらしく、行き場の無い要求や欲求を自分にぶつけていくのでしょうか?そうやって成長していくのだと思いますが、下の子は下の子で、お姉ちゃん、お兄ちゃんにとにかく“いじられ”ます。生きたおもちゃをあたえられたような感じで、そりゃもう大変です。

それをお母さんは怒るものだから、わかっているけれど、
どうしていいかわからない葛藤が爆発して病気になるのではないか?大きく年が離れていればそうでもないらしいのですが、2〜3歳ぐらいの差では、いじくりまわして、どこでも凄いと話を聞きます。


育つには刺激も必要

でも、それがいい刺激となって強く育ちます。二人目になると育児に対しては経験があるので、最初の子とは違って、親も周囲もそれほど神経質にならず、平気へいきといっては、(いいかげんとまでは行きませんが)ある程度“適当”になります。

それが意外と良かったりしまして、たくましく育っていくのです。上の子と比べると
成長の度合いが早く、一ヶ月後の体重で1キロ以上の差が出ます。また周囲も慣れているので、それほど注目されず割とそういうストレスなく自由に過ごせますしね。
(初孫だといろんな行事やらでさわがしいですから)


アピールなのか病気なのか

この自己アピールとしての病気をどう見るかが非常に大切なのですが、ウチの子の場合、背骨のある一点がボコッと飛び出して、高い熱と鼻づまり、最後の方で目の充血と続きました。これらはすべて風呂で対応しました。風呂の温度、入り方、入れる時間などをうまく使って、必ず下の子より先に入らせるという方法で試してみました。

自己アピールと言うことで考えたならば、風呂は上の子先に入って「次ぎいいよー」と呼びにいったら下の子が入れるといった、ある程度自分でコントロールしているような感じになっている事が、満足につながっているようです。

お姉ちゃんの絶対となるもの

これは他の方にまだ確認してませんが、お姉ちゃん、お兄ちゃんの絶対なるものが各家庭にはあるようでして、その子の要求に合わせたもので決めてあげると良いようです。私の卵焼きは半熟だとか、この席は僕の場所だなどなど。みんな違うので面白いです。

そういうお話をいろいろ情報として聞いているのですが、面白いですね本当に。これらを指導にうまく取り入れられないものかと一応記録にしたり、工夫していますが、やっぱり自然に思った通りにやるのが一番いいですね。

鼻がつまったとき>>


TOPにもどる

 


   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved