子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ 産後の過ごし方 はぐくむ健康 |楽しい子育て育児

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


妊娠〜「赤ちゃんと話そう」

受胎したその日から一人の人格と認めて、話しかけて育てることが大切です。



  楽しい子育て育児TOP>>
妊娠しました
妊娠がわかった
まずは病院選び
妊娠は病気じゃありません
赤ちゃんと話そう! 
長女の反応
音楽を聞かせる
 
いよいよ出産>>
楽しい子育て育児>> 







話しかけが一番大切

お腹に赤ちゃんが宿ってからすることは“話しかけ”です。これはとてもいいですよ。なにするにも話しながら。それこそ2人で行動しているがごとく、なんでも話します。

「キレイなお花が咲いているね」
「ワンワンがいるよ」
「今日はいい天気だね」
など、気持ちをこめて話します。

恥ずかしいなどと言う人もいますが、独り言よりはいいでしょう、実際にお腹の中にいるのですから。


命には礼を持って対応する

私も話しかけに参加したくてお腹に手を当てて話すのですが、興味だけで近づくととてもいやな感じがすると言っていました。本当に話しかけないと、本能で“守らなきゃ”と感じるらしく、敵とまで言わないけれどにかくいやだそうです。

いろいろ習っていますので、知識先行で命に近づくとこのような事になるのですが、これがよその人だったらもっといやだと言っていました。

形だけやってはいけない

最初の頃は、まるで買ってもらったおもちゃに触るように、“妊娠=話しかけ”をしなきゃ!と、きめつけて近づいていたようです。これは反省。命を見るものとしてやってはいけないことです。

それでも「どうなっているのだろう?」「みてみたい!」という気持ちが離れず、素直に「ちょっと体を見せてもっらていいですか?」いうと、これはこれでいやじゃないといいます。

その時に
”命に対する礼”というものにいまさらながら気がつきました。わかるんですね、気持ちというものは。


胎教は特別な事ではありません

胎教というとなにか特別な事のように思いますけれど、ちゃんと一人の人格と認めて、話しながら行動する。それだけです。そしてお母さんの感じる要求が答えですから、好きなものを食べて、好きな音楽を聴いて、自由に生きるというのがこのときの急処です。

「まだわからないから」と、決め付けるのが一番よくないように思います。
私たちの経験からするとこれは間違いないです。言葉がわかるから覚えるのです。やはり話しかけは生まれたときからよりも、
お腹に宿ったときから始めるのがいいようです。

長女の反応>>


TOPにもどる

 
   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved