子育て育児は健康の源【はたけやま整体】が提供する、子育てに関する情報サイトです。
初めての方へ 産後の過ごし方 はぐくむ健康 |楽しい子育て育児

 TOP 赤ちゃんおめでとう 家庭のお医者さん 妊娠,出産,子育ての記録 みんなの体験記  その他の情報


出産〜「出産後の注意点」

出産後はすぐに起き上がってはいけません。赤ちゃんは24時間何も与えないのが基本です



  楽しい子育て育児TOP
 
妊娠しました
出産に向けて
出産今と昔
お腹の変化
最後は勘が頼り 
出産前後の様子 
陣痛から出産へ 
出産後の注意点 
すぐ動くと太る 
お母さんが髪を洗うとき 
 
初めての育児 







カニババと立ち上がり

出産後一番神経を使うのが“カニババ”と、お母さんの“立ち上がり”の問題です。カニババとは最初に出す「ウンチ」のことで、宿便とでもいいましょうか、お母さんの中でとった栄養の残りが赤ちゃんの体の中に溜まっています。

出てきたときの処置

出てきたとき何かするのかというと、何もしないのが基本です。動物の場合、胎脂に包まれた赤ちゃんをぺろぺろと舐めて拭いてあげます。この胎脂をなめた母親は、中毒を起こします。その排泄が初乳にも含まれ、出すことで体の中をきれいにし、新鮮な母乳が作られ与えることが出来るのです。人間の場合舐めることはしませんが、初乳には特別な成分が含まれています。

胎脂はツルツルお肌の元

胎脂は皮膚につけるとツルツルなお肌になって、どんな化粧品もこれにはかないません。ある方が、ちょっと自分の腕にぬってみたらすべすべで、「全身にぬっちゃおうかしら」と思ったと言っていました。人間の場合はタオルでさっと拭いてお母さんのお腹の上に乗せますが、その時はすべすべお肌でとってもキレイです。


初乳は特別な成分で出来ている

赤ちゃんは母さんの初乳を飲むことで、軽く中毒を起こして体の中をきれいにリフレッシュします。そうして栄養吸収のよい状態になるわけです。この中毒がカニババを最後まで出し切る手助けになります。

人間の場合、さすがに胎脂を舐めることはしませんが、初乳にはいろいろな免疫が含まれる他に、中毒を起こさせて
排泄させる力があるようです。すこし黄色がかった初乳は、いかにも古い感じがしますがとても偉大な力があるみたいですね。


整体の考えから

入れる前に出す。作る前に壊す。出産で最初の数日を観察しているとこのような事が、みてわかるのでとても面白いのです。産後お湯で洗うことがありますが、整体の考えではそういうことはしません。

生まれた赤ちゃんから離れないのが哺乳類の特徴

赤ちゃんが出てきたら、タオルで軽く拭いてお母さんのお腹にそっと置く。終わり。これだけです。特に何もしません。すると静か〜に寝ています。一日目は本当に静かです。まるでお産で疲れたお母さんを休ませてくれるがごとく、とにかく静かです。特に変わったことと言えば、お乳をすいたがり一生懸命に探します。まだでないお乳でも吸わせると安心するのか、モゴモゴしてぐっすり寝てしまいます。

すぐ動くと太る>>


TOPにもどる

 



   
   Copyright(C)  hatakeyamaseitai All rights reserved